容姿コンプレックスを即解消!プチ整形でばれない美容術

制限が少ない

顔を触る女性

ほぼ、顔の中心にある鼻は、否が応でも目立ってしまうパーツです。鼻の形状によっては、コンプレックスを抱いてしまうことが多いです。鼻が低めとなってしまったり、団子鼻で丸みを帯びているように見えたりもします。鼻が低い、あるいは団子鼻で丸みが帯びて見えるのが気になって仕方ないのであれば、美容整形治療を利用するのがおすすめです。整形治療なら、モデル顔負けの高さに整えられるので、コンプレックス解消は勿論、化粧映えしやすい顔立ちになる可能性が高まります。

きれいな顔立ちを整えやすいとは言え、美容整形を受けるのを躊躇してしまう人も中にはいます。なぜなら、顔の中でもひときわ目立つ部分を整えるので、キズ跡がうっすら残ってしまうのではないか心配になってしまいます。そこで、おすすめなのがプチ整形治療の一つである切らない鼻尖縮小術です。切らない鼻尖縮小術を利用すれば、まず施術痕が目立ちにくいです。メスを使用しないものなので、キズ跡が目立ちにくくなります。どのような治療法かというと、専用の医療用糸を用いて鼻先を細くする方法です。糸の力で、皮下組織にある大鼻翼軟骨を引き締めて鼻を高くしていきます。プチ整形鼻尖縮小術なら、余分な脂肪を除去する治療法とは異なり、顔にかかる負担が最小限に抑えられるのは確かです。

プチ整形ならキズ跡を気にせず治療できるのは確かですが、気になるのがダウンタイムです。プチ整形治療で切らない鼻尖縮小術を受けた場合、必要なダウンタイム期間として3日ほどです。施術を受けた後は、経過観察でしばらく安静にする必要があります。しかし、ダウンタイムが設けられているとは言え、特に生活に支障をきたすような制限が設けられていないです。ダウンタイム期間中は、腫れの症状が起きにくいので、見た目のことを気にしなくて済みます。洗顔や入浴関係は、特に制限を設けられていないので、帰宅後洗顔や湯船に浸かっても問題が起きにくいです。