容姿コンプレックスを即解消!プチ整形でばれない美容術

切らないでたるみを除去

医師

目の下には膨らんでいる部分と凹んでいる部分があるため、若い人でも目の下にたるみが出来ていると思われてしまいます。また、目の下にたるみが生じてしまい老けて見られてしまう場合、たるみを除去することによって若々しく見せることが可能です。たるみを除去する方法にプチ整形があり、また切らないたるみ取りも可能となっているのでマイナス年齢肌を目指すのであれば積極的にプチ整形を受けると良いでしょう。目の下のたるみを除去することが出来るプチ整形には、注射器を使用するのでメスで切開することなく傷跡も目立ちません。また、時間も数十分と短い時間で行なわれるので忙しい人でもちょっとした時間に足を運んでプチ整形を受けることが出来るでしょう。

切らない目の下のたるみ取りでは、膨らんでいる部分は脂肪除去が行なわれて凹んでいる箇所は脂肪注入が行なわれます。そうすることで膨らみと凹みの部分が目立たなくなり、たるみを除去することが出来る仕組みになっているのです。また、成長因子を加えることで高い効果を期待することができ、一度の施術で大きな変化を感じることが出来るでしょう。施術内容によって持続効果が違ってくるのですが、半永久的な効果を得られることもあるのでプチ整形を受けて悩みを解消すると良いです。

プチ整形で目の下のたるみ取りを受ける際ですが、受ける前に注意点があります。目の下に注射器を使用するので、コンタクトレンズを装着している場合は危険なため外すようにしましょう。コンタクトの装着は施術後というわけではなく、一週間の期間を空けておくことが大切になるので注意が必要です。また、シャワー自体は翌日から可能ですが入浴などは一週間控えることになるので予め把握しておくようにしましょう。目の下のたるみ取りにはおよそ一週間のダウンタイムが必要となり、その間は注意しながら生活を送らなくてはなりません。腫れや出血などもあるので、ケアをしっかりと行ないましょう。そうすることで早めに回復し、自然に目の下のたるみを取り除くことが出来るため今後も利用者は増えてくると予測されます。従来の施術方法では目の下を切開する必要があり、抜糸のために再度訪れることになるのですがプチ整形では切らないので抜糸が不要です。また、再度訪れる必要もないので忙しい人に向いている施術だといえるでしょう。